こんなものまで?リサイクルできる品目・種類

地球環境を守るためにリサイクルをする

紙を生まれ変わらせる

新聞や包装紙のその後

新聞は、毎日自宅に届きます。
今日の新聞が届いたら、昨日やそれより前の新聞は必要無いですよね。
自宅にずっと保管していても邪魔なので、正しい方法で処理してください。
燃えるゴミに出すことは、絶対しないでください。
確かに新聞も紙なので燃やすことはできますが、リサイクルしないともったいないです。

新聞をリサイクルすることで、トイレットペーパーに生まれ変わります。
さらに新聞だけではありません。
商品を包んでいた、包装紙があります。
それも同じように、リサイクルしてトイレットペーパーや新しい紙に生まれ変わります。
商品を購入したりプレゼントをもらったりしたら、中身を取り出して包装紙を捨てる人が多いです。
それは、地球環境の悪化に繋がります。

段ボールも正しく処理しよう

段ボールをリサイクルすると、白板紙に生まれ変わります。
荷物が届いた時は段ボールに入っていると思いますが、リサイクルするチャンスだと思ってください。
ほとんどの紙は、リサイクルして再び新しい製品に生まれ変わることができます。
ですが、細かく刻まれた紙はもうリサイクルすることはできないと覚えておきましょう。

例えばシュレッダーを通した紙です。
粉々になると、紙の中に入っているパルプ繊維も細かく刻まれます。
リサイクルするためには、パルプ繊維が必要です。
ですから会社でいらない書類をシュレッダーにかけた場合は、リサイクルできないので残念ですがゴミに捨てましょう。
機密情報が記載されている書類以外は、再利用できるようにシュレッダーにかけないでください。


この記事をシェアする