こんなものまで?リサイクルできる品目・種類

地球環境を守るためにリサイクルをする

アルミやビンをリサイクルしよう

アルミ缶をリサイクルに出そう

リサイクルできるものの中に、アルミ缶があります。
アルミ缶をリサイクルする時は、電気エネルギーを使います。
新しくアルミ缶を作る時は、かなりの電気エネルギーが必要になります。
それが無駄に資源を使って、地球環境を悪化させることの原因になっていました。
ですがリサイクルして再びアルミ缶を使える状態にする時は、少ない電気エネルギーで良いと言われています。

新しく作る時の、大体3パーセントしか電気エネルギーを使わないそうです。
それなら無駄な資源を使用しないので、地球環境を汚しません。
新しくアルミ缶を作り出すのではなく、これからリサイクルをして生まれ変わらせましょう。
缶を分別する時は、アルミ缶と間違えないように気をつけてください。

ビンの種類を把握しておこう

ビンには、リターナブルという種類があります。
それは、何度も繰り返して使えるビンになります。
リターナブルの場合は回収したあと、綺麗に洗浄されます。
すると再び使用できる状態になります。
しかし、ワンウェイという種類のビンもあります。
それは、1回使用したらもう使用することができません。

リサイクルする時は、まず粉々に粉砕します。
それから新しいビンになど、別の製品に生まれ変わる流れになっています。
ビンは割れやすいので、リサイクルの回収ボックスに持って行く時は気をつけてください。
たくさんのビンが自宅にあっても、持って行くのが大変だったら回数を分けて運んでください。
無理に大量のビンを持って行くと、ケガをする恐れがあります。


この記事をシェアする